山本 飛翔

客員教授
山本  飛翔
弁護士法人法律事務所amaneku 代表弁護士・弁理士

[担当科目]

オープンイノベーション特論

やまもと・つばさ●スタートアップの知財戦略支援に取り組んでおり、2020年の3月には『スタートアップの知財戦略』を出版、同月に特許庁よりスタートアップ知財の専門家として奨励賞を、2022年には週刊東洋経済の「法務部員が選ぶ弁護士ランキング」知的財産部門1位を受賞。2023年より法律事務所amanekuを設立。
また、2019年度より特許庁・経済産業省のオープンイノベーションのモデル契約事業(事務局)に、2022年度より内閣府「大学の知財ガバナンスに関する検討会」(委員)に参画する等、理想的なオープンイノベーションの形を実現するべく尽力する。

【著書】
『スタートアップの知財戦略-事業成長のための知財の活用と戦略法務』(単著)(勁草書房、2020年)
「スタートアップ企業との協業における契約交渉」(レクシスネクシス・ジャパン、2018年)
「オープンデータの活用と知財戦略」(パテント、2019年)
『商標法律相談の基本-商品名検討からプロモーションまで-』(共著)(第一法規、2019年)
「オープンイノベーション契約の実務ポイント」(中央経済社、2020年)
「スタートアップとの事業連携における各種契約上の留意点」(中央経済社、2021年)
『オープンイノベーションにまつわる法務・知財』(単著)(勁草書房、2021年)
「海外拠点での発明,権利化の際のポイントと留意点」(技術情報協会、2022年)
「スタートアップとのオープンイノベーションにおける留意点」(パテント、2022年)
『スタートアップの法律相談』(編著)(青林書院、2023年)