ニュース RSS

修了生・坂井氏が可視化情報シンポジウムで大賞を受賞

本学修了生の坂井隆志氏が、第48回可視化情報シンポジウムのアートコンテストにて大賞を受賞しました。

 
受賞したのは、成果発表会「デジコレ」でも発表し、その後も開発を続けていたビッグデータの可視化をもとにした作品。
 
坂井氏が企画・開発し、JAMSTEC(海洋研究開発機構)、ゼンリン等の協力のもと「プロジェクションマッピングによる避難シミュレーションの可視化」を制作し、アートコンテストにて大賞を受賞しました。
 
コンテストは、新型コロナウイルスの影響で本年度はオンラインでの開催となりました。
情報はこちら

 


  • 修了生・坂井氏が可視化情報シンポジウムで大賞を受賞

ページの先頭へ