ニュース RSS

「VRクリエイティブアワード2019」受賞作品が決定

藤井直敬教授が代表理事を務める、一般社団法人 XRコンソーシアム(旧:一般社団法人 VRコンソーシアム)は8月25日、「VRクリエイティブアワード 2019」を開催し、その受賞作品を発表しました。

vraward_640x480.jpg

 

VRクリエイティブアワードは、これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターを発掘し、認知度向上や活動の支援を目的としたイベントです。本年は受賞枠に学生部門を加えたこともあり、学生からの応募が飛躍的に増え、事業者による商業作品やアート作品に、着想の豊かな作品が加わり、応募作品全体のレベルと多様性がさらに高まりました。

 

最優秀賞に選ばれたのは、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 YuharaKazukiさんによる手書きVRアニメーション作品で、鑑賞者はヘッドマウントディスプレイを通してアニメーションを体験できるというもの。

vraward.jpg

 

またデジタルハリウッド賞には、memex + arsさんによる、バーチャルオルタナアーティストmemexの楽曲「Cloud Identifier」のための、ミュージックビデオおよびバーチャル空間内リアルタイム撮影制作システムが選ばれました。

 

受賞作品一覧

【最優秀賞】

作品名:MOWB

作者:東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 YuharaKazuki

 

 

 

【一般 優秀賞】

作品名:けん玉できた!VR

作者:株式会社CanR 川崎仁史

 

【学生部門 優秀賞】

作品名:地震列島VR

作者:愛知工科大学板宮研究室 平川俊貴

 

【大川ドリーム賞】

作品名:STYLY

作者:株式会社 Psychic VR Lab 藤井明宏

 

【デジタルハリウッド賞】

作品名:memex「Cloud Identifier」Music Video + Virtual Creation Studio

作者:memex + ars


  • 「VRクリエイティブアワード2019」受賞作品が決定

ページの先頭へ