ニュース RSS

本学教員の公募情報

デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科の教員を以下のとおり公募します。

助教の募集

機関名
デジタルハリウッド大学
機関または部署URL
https://gs.dhw.ac.jp/
部署名
デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科
機関種別
私立大学
機関説明
デジタルハリウッド大学大学院デジタルコンテンツ研究科では、SEAD(Science/Engineering/Art/Design-人文系・芸術系・理工系の学識・技術・能力が相互作用する創発的学究領域)の理論と実務を架橋する高度専門教育を通じて新たなビジネスを生み出すための中核科目として「修了課題制作」を設置している。当該科目を中心とした成果創出の支援や成果発表会等による学外とのコミュニケーションを担うとともに、ビジネスとアカデミズムを越境する専門職大学院のあり方を模索しながら「修了課題制作」の枠組みについて継続的な改善に携わる助教の教員公募を行う。
業務内容
(1) 修了課題制作を中心とした成果創出を支援するプログラム等の企画開発および運営 (2) 修了課題制作による成果を中心とした発表会イベント等の企画開発および運営 (3) 大学院事務局および専任教授会と連携した修了課題制作シラバスの改善や同科目の枠組み改善 (4) その他、修了課題制作を中心とした本学の目的達成に必要な業務 (5) 上記(1)〜(4)の業務を通じて得られた知見に関する学術的価値化の推進
勤務地住所等
〒101-0062  東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地 御茶ノ水ソラシティ3階/4階 デジタルハリウッド大学大学院 デジタルコンテンツ研究科
募集人員
1名
職種
専任助教
着任時期
2019年4月1日から
勤務形態
常勤
勤務地
関東 - 東京都 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
応募資格
修士の学位を有する者、又はそれと同等以上の実務経験若しくは高等教育における社会実装に関して知識・経験を有する者
求める人材像
(1) ビジネスあるいはアカデミズムに関する深い知見や学識を持つ者
(2) 大学院事務局および専任教授会と緊密に連携しながら職務を遂行できる者
(3) 校是"Entertainment It's Everything"を理解し、既成概念に捉われない提案ができる者
(4) 多様性に富んだ学生とのコミュニケーションに支障の無い者
待遇
給与等雇用条件は、本学の規定による。
募集期間
2019年3月11日まで
応募・選考・結果通知・連絡先
以下の書類等を送付すること。(1)~(2)に関しては、A4判を使用すること。
(1)教員個人調書(履歴書) 1部 (添付書類使用、顔写真を含めること) 
(2)教育研究実績書 1部 (添付書類使用)実務家教員の場合は、教育実績に関しては、「教育上の能力に関する事項」における「4 実務家教員についての特記事項」に記載すること。また、実務上の実績に関しては、「職務上の実績に関する事項」「3 実務家教員についての特記事項」に記載をすること。
(3)教育、研究、社会貢献活動の計画 1部 (書式自由)
送付先
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ4F
デジタルハリウッド大学大学学務グループ 岡田 宛

※応募書類は(簡易)書留便とし、表に「デジタルハリウッド大学院 専任助教 応募書類在中」と朱書きのこと。提出書類は、返却しません。
また、同時にメールにて添付し、下記アドレスまで送付してください。
dhw_apt@dhw.ac.jp
選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法
書類選考の上、面接を行います。

面接日は、書類審査合格者に対してのみ、後日連絡いたします。
面接では、「現在までの研究教育活動の内容、及び本学における教育研究に対する抱負と計画」に関するプレゼンテーションを実施していただきます。(15分程度)

[連絡先] 
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ4F
デジタルハリウッド大学大学学務グループ 岡田 宛
MAIL:dhw_apt@dhw.ac.jp
TEL:03-5296-9801
FAX:03-5297-5788
添付書類
1)教員個人調書(履歴書).doc
2)教育研究実績書.doc
3)教育、研究、社会貢献活動の計画.doc

書式はこちらからダウンロードしてください。
備考
・ 教育、研究、社会貢献活動の計画 は書式自由です。参考のための書式を添付します。
・ 着任時期は予定です。
・ 選考過程において面接を行うことがありますが、その場合の旅費は自己負担でお願いします。
・ 審査経過のお問い合わせについてはお答えできません。
・ デジタルハリウッド大学では、変化の激しいデジタルコミュニケーション領域において、最先端の知識を持つ幅広い教員を採用することを目指しています。是非、ご自身の実務家経験、教育研究領域をお持ちの方々のご応募をお待ちしています。

以上

 



ページの先頭へ