ニュース RSS

院生・中山俊氏、未来2019でIT融合部門の最優秀賞を受賞

院生の中山俊さん(15期生)が代表を務める「アンター株式会社」が未来2019において、IT融合部門の最優秀賞、ⅢGAPグラント”MIRAI”を受賞しました。

52941784_2539199499427848_5794183028611743744_n1.jpg
 

未来2019とは

未来2019は異業種連携による事業開発コンソーシアム・III(トリプルアイ)が主催するインキュベーション・アクセラレーションプログラムです。

スタートアップや既存企業のカーブアウト(事業分離)、これから起業する挑戦者をサポートし、あらゆる企業・投資家等をつなぎあわせることで、皆様の成長とイノベーションを実現します。

 

事業概要

今回中山さんは、医師同士のオンライン相談という事業プランでの受賞。事業概要は下記のとおり。

「医師1人の能力には限界があります。しかし、時間帯や地域によっては医師が1人で診療しないといけないシーンは存在します。医師同士のオンライン医療相談で、医師と医師をつなぐことで、現場の命を救います。医師不足、高齢化に伴う患者増加など、現在医師の過重労働によって日本の医療は支えられています。医師と医師をつなぐことで、医師の働き方を改善し、医療の質を保ちながらより良い医療を目指します。」

アンター株式会社


  • 院生・中山俊氏、未来2019でIT融合部門の最優秀賞を受賞

ページの先頭へ