ニュース RSS

大学分野別認証評価につきまして

JUAA.jpg

 

日本初の株式会社による専門職大学院「デジタルハリウッド大学大学院」(東京都千代田区、学長 杉山知之)は、学校教育法に定める認証評価について、2017(平成29)年度に公益財団法人大学基準協会(以下、大学基準協会)のデジタルコンテンツ系専門職大学院認証評価を受審し、「大学基準協会のデジタルコンテンツ系専門職大学院基準に適合している。」と認定されました。

認定期間は、2018(平成30)年4月1日から2023(平成35)年3月31日までの5年間です。

2003(平成15)年に改正された学校教育法により、高度専門職業人養成に特化して、理論と実務を架橋した実践的な教育を行う専門職大学院の制度が創設されました。各専門職大学院は、それぞれの目的に応じた教育研究水準の維持向上を積極的に図るために、5年以内ごとに文部科学大臣から認証を受けた機関(認証評価機関)による評価(認証評価)を受けることが義務づけられています。

2012(平成24)年度においては、本大学院の専門分野を評価できる認証評価機関(文部科学大臣の認証を受けた機関)が存在しなかったため、学校教育法第109条第3項但し書により、デジタル分野やメディアの専門家を中心とした外部評価の委員を集め、認証評価を行った結果、本大学院は学校教育法に基づく大学院の基準に適合していると認定されました。

その後、2013(平成25)年度に、専門職大学院の質保証の観点から、認証評価機関が存在しない場合の特例措置が廃止されたことから、本大学院の働きかけにより、2017 (平成29)年に大学基準協会がデジタルコンテンツ系専門職大学院の認証評価機関として正式に文部科学大臣より認証されました。

そして、適合期間満了に伴い、本大学院は2017(平成29)年度に、大学基準協会によるデジタルコンテンツ系専門職大学院認証評価を受審し、「デジタルコンテンツ系専門職大学院基準適合認定証」の交付を受けました。

 

認定期間

2018(平成30)年4月1日から2023(平成35)年3月31日までの5年間

評価結果

平成29年度 デジタルコンテンツ系専門職大学院認証評価結果(PDF:445KB)

認定証

平成29年度 デジタルコンテンツ系専門職大学院基準適合認定証(PDF:411KB)

 



ページの先頭へ