ニュース RSS

元Google 村上氏・東京大学 暦本教授が登壇―「HOLOS2050 未来会議 第2章」

 

1702_服部_村上_暦本_高木.jpg

この度、本学では、本学学部教授でメディアライブラリー館長、また、大学院でも教鞭を執る橋本大也氏が参画する、HOLOS未来会議②「第2章 人工知能の現在/COGNIFYING」(ホロス2050事務局主催)を開催いたします。

 ディスカッション・テーマは、「どうすれば人間はもっと人間らしい仕事に集中できるか?」です。ゲストに元Google 米国本社 副社長兼 Google Japan 代表取締役社長の村上憲郎氏と、 東京大学大学院情報学環教授 兼 ソニーコンピュータサイエンス研究所の暦本純一氏をお迎えして、ケヴィン・ケリーが『<インターネット>の次に来るもの』第2章 COGNIFYING(認知化していく)で述べている「ロボットのおかげで、われわれはもっと人間らしい仕事に集中できる」という言葉を手掛かりに、人工知能の発達とロボット化の進展によって、ますます多くの人々が失業し、貧富の差が広がっていってしまうのかどうか、そして、どうすれば貧富の格差を是正し、多くの人々が「非人間的な仕事」から解放され、「本当に大切な仕事」に集中できる未来社会を創っていくことができるのか、参加者の皆さんと一緒に考えてゆきたいと思います。

ホロス2050とは?

ホロス2050とは、21世紀の折り返し点である2050年に「ホロス」が一体どのような形で、どこまで実現しているのか、あるいは実現していないのか、可能なかぎり精緻に予測するとともに、過去を謙虚に振り返り、現在を冷静に見据えることによって、よりよい未来社会の創造に向けて、一歩、一歩、課題解決をしてゆく「未来・予測・創造・プロジェクト」です。

開催日時

2017年6月2日(金)19:00~20:30(受付開始 18:30)

開催場所

デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス3F 駿河台ホール

お申込み方法

参加申し込みは下記URLよりご登録ください。

http://holos2050-1702-2.peatix.com/

 


  • 元Google 村上氏・東京大学 暦本教授が登壇―「HOLOS2050 未来会議 第2章」

ページの先頭へ