ニュース RSS

院生・O l g a、HEATER PARKER をデザイン

導電性接着剤を用いアイロン接着できる電子回路を開発
セメダインとのコラボレーションで新しい暖房ウェアを発表

 

heaterparker_key.jpg

 

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院では、「Fashion×Technology」でFashionの新しい未来を切り拓くFashionTech領域での産学協同研究を推進しています。

この度、本大学院在籍の12期生(2015年4月入学)・O l g a(オルガ)が「HEATER PARKER」をリリースしました。

 

heaterparker01.jpg

HEATER PARKER(ヒーターパーカー)とは

セメダイン株式会社による導電性接着剤(SX-ECA)を用いたアイロン接着できる電子回路を活用した暖房機能のあるパーカーです。

HEATER PARKER 専用ページはこちら

 

 

 

heaterparker02.jpg

導電性接着剤『SX-ECA』は、セメダイン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岩切浩氏)が開発した製品です。低温で導電性を発現し、様々な材料への高い接着性と柔軟性を有する導電性接着剤であり、今後のIoTデバイスへの回路形成、部品実装へ適した製品です。

この画期的な新製品と、ファッションテックデザイナーのO l g a 、ヒーター回路設計を手掛けたAgIC株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:清水信哉氏)によるコラボレーションで、昨年発表の「FABOLOGY -着るセメダイン-」から、より実用的な実例への発展を目指し、文字通りの“ウェアラブルデバイス”ともいえる作品が完成しました。

同作が初お披露目された「ウェアラブルEXPO -ウェアラブル端末の活用と技術の総合展-」(会期:2017年1 月18日~20 日)では、TPU(熱可塑性ポリウレタン)シートにあらかじめヒーター回路を形成し、それを布に融着して製作したパーカーや、樹脂シートに回路形成しその後、立体成型させたサンプルなどが展示され、多くの報道陣や来場者の注目を集めました。

 

O l g a からのコメント

発表に際し、大学院という環境がどのように活かされたのか ― 。

O l g a からは、

「アイロン接着できる電子回路という大きな機能的発展により、より衣類のデバイス化を簡便なものにするとともに、今回の『 HEATER PARKER 』では、電子回路部分が熱を持ち、暖房機能をオンオフできること、暖かくなって欲しい部分に好きなように設置できることが特徴としてあげられると思います。『 HEATER PARKER 』 では、暖かくなるパーカーを打ち出していますが、最も期待しているのは、電子回路と衣類の掛け合わせによるアンビエントコンピューティングへの可能性にあります。
本件の制作に際し、所属しているラボ担当教員である杉山知之学長はもちろんのこと、香田夏雄教授にも技術的な仕様アドバイスやご助言をいただきました。今後も継続的なサポートをいただきながら、ファッションテックの専門分野での研究を進めていきたいと思います。」

とコメントをいただきました。

 

本大学院では、O l g a のように、本学在籍の院生・修了生の起業・事業支援に注力しております。FashionTech領域での産学協同研究にご興味をお持ちの方、本学への入学を検討されている方、また企業の皆様は下記よりお気軽にお問合せください。

デジタルハリウッド大学大学院事務局
TEL:0120-019-236
mail:daigakuin@dhw.ac.jp

 

olga_prof_2017.jpg

O l g a
Fashion-tech designer

海外にてデジタルとファッションの関係性を独自に学び、3Dモデリングから洋服をデザインするという異色のファッションデザイナー。デジタルツールを駆使した新しい服づくりへの挑戦と、ファッションの新たな視点を提案している。国内外アーティストへのPVやライブ衣装、ツアーグッズのデザインを多数手掛けるだけでなく、東京コレクションにも参加するなど、活動は多岐に渡る。現在、デジタルハリウッド大学大学院に在籍しており、より深くファッションとテクノロジーの可能性を研究、事業化に力を入れていく。

She uniquely learned relationships between digital and fashion abroad, and is a unique fashion designer who design clothes from 3D modeling. She challenges a new way to make clothes by using a digital tool and suggests a new perspective of fashion. She not only handles to design costumes and goods of PV or live concerts for domestic and international artists, but also participates in JAPAN FASHION WEEK, so she covers a broad range of fashion business. In 2017, she assumed the position of associated professor at the graduate school of Digital Hollywood. She is making a strong effort to study a potential between fashion and technology and to create business.

 

Etw.Vonneguet
Fashion maison led by Olga the designer.

デザイナーO l g a 率いるファッションメゾン、Etw.Vonneguet (エトヴァス・ボネゲ)。デジタルツールを使った新しい服づくりへの挑戦と、ファッションの新たな視点を提案する。服を媒体とした人と社会への意味的デザイン活動を理念としている。

We challenge a new way to make clothes by using a digital tool, and propose a new perspective of fashion. They have a philosophy of semantic design movement for people and society by the medium of clothes.

 



ページの先頭へ