ニュース RSS

ソニックシリーズの生みの親、安原弘和氏が緊急来日

8月20日(土)15:00~安原弘和氏による特別講義を開催

 

コンテンツ情報処理ラボ(三淵啓自教授)では、ソニックシリーズの生みの親の一人である、ゲームデザイナー安原弘和氏の特別講義を緊急開催いたします。「かなりマニアックなゲーム製作の考え方」などをざっくばらんにお話しいただきます。

お申し込みは不要です。ぜひお立ち寄りください。

 

プロフィール

Yasuhara.jpg

安原 弘和(やすはら・ひろかず)

1988年にセガ(後のセガゲームス)入社。キャラクターデザイナーの大島直人氏、プログラマーの中裕司氏らと共に『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の生みの親のひとり(ディレクターおよびプランナー)。セガから独立したソニックチームには2002年まで所属。その後、ノーティドッグに参加し、(セガ時代の同僚)マーク・サーニーらと共にジャック×ダクスターシリーズ、アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝を開発した。バンダイナムコゲームス(後のバンダイナムコエンターテインメント)を経て、2012年4月よりNintendo Software Technology所属。

 

プロフィール詳細 : LinkedIn Hirokazu Yasuhara

 

プロフィール

Mitsubuchi.jpg

三淵 啓自(みつぶち・けいじ)

(株)日本ウェブコンセプツ 代表取締役/3U.com(米国)CEO
デジタルハリウッド大学大学院 専任教授

スタンフォード大学修士課程コンピュータ数学科卒業後、米国オムロン社にて人工知能や画像認識の研究に携わる。退社後、米国ベンチャー会社設立を経て(株)日本ウェブコンセプツ、米国法人3U.com社を設立。ユビキタス情報処理や画像認識システムなど、最先端のWebシステムの開発を手掛けている。2006年本学に三淵研究室を設立し、同仮想世界の普及に寄与する。メインの研究は、デジタルコンテンツ流通、仮想世界と現実世界の融合、仮想世界の教育活用。

 

著書:
セカンドライフの歩き方 (アスキー社)
超実践!セカンドライフ (角川書店)
仮想社会にようこそ! セカンドライフ探検ガイド (実業之日本社)
セカンドライフビジネス成功の法則―だからみんな失敗した!(DHC)

担当科目:「コンテンツ情報処理ラボ

 

安原弘和氏による特別講義 詳細

日時
2016年8月20日(土)15:00-16:30(開場:14:45)
会場
デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス 3階 E01教室
お申込み
不要。直接会場にお越しください。

 


  • ソニックシリーズの生みの親、安原弘和氏が緊急来日

ページの先頭へ