イベント

山下塾 連続講座 2018 ~中国に響く動画コンテンツ・プロデュース手法~

中国外国人NO.1Web動画プロデューサー山下智博氏による
山下塾 連続講座 2018
中国に響く動画コンテンツ・プロデュース手法(月1回開催、3回連続講座)

 

本学 メディアサイエンス研究所 吉田就彦研究室(以下本研究室)では、ヒット学、SNS分析によるヒット商品の要因分析、ヒットのビジネス・モデル検証、コンテンツ・プロデュース手法及びその人材育成手法等の研究に取り組んでいます。

この度、本研究室主催で、中国のコミュニティ型動画サイト「bilibili動画」を中心に、中国の10を超える動画プラットフォームで総再生回数11億回を誇り、動画チャンネル合計被登録数が400万人を超える、中国国内において日本人として人気No.1のオウンドメディアを生み出したWeb動画プロデューサーの山下智博氏による、「中国で響く動画コンテンツのプロデュース手法」を学ぶ全3回の連続講座を開催いたします。

yamashitajyuku_KV.jpg



日中のコラボレーションによる相互の文化GAPの解消が必要との観点から、日中で山下氏が展開予定の動画コンテンツ製作プロジェクトも睨んだ、実践的なワークショップを含む、充実した内容です。

3回講座の第1回は、中国での動画コンテンツ成功の勘所について、座学中心の講義を展開します。その後は、参加者がグループを組み、実際のコンテンツ製作を行い、そのプロデュース監修を山下氏が直接指導いたします。最終的に優秀作品に選ばれた作品は、山下氏の中国におけるネットチャンネルで公開される可能性もある貴重な機会です。

 

山下智博チャンネルbilibiliオフィシャルアカウント

 

日本在住の中国人クリエイターの方、中国に興味のある日本人クリエイターの方、中国のWeb動画マーケティングに興味のある一般の方は、奮ってご参加ください。

 

山下氏コメント

ビリビリの山下に学ぶ!中国向け日本紹介動画の作り方講座

 

動画を作るときに必要な要素は内容だけではない!
文化の切り口、キャラクターの作り方、技術がなくてもアイディアがあれば動画はどんどん面白くなります。今回の講座では、限られた時間ではありますが、今まで僕が培ってきた動画の作り方をお教えします。

私はこの4年間、中国のみんなに飾らない日本のことを知ってもらいたくて、毎日のように日本を紹介する動画を中国で発信してきました。
その中で感じたことは、自分一人では全てを伝えきれないということ、もっともっと沢山の人が日中の間で動画を作ってくれれば、お互いの国への理解が深まるのにな、ということでした。

この度、デジタルハリウッド大学大学院 吉田教授からのお声がけで実現したこの企画では、日本に留学している日本が好きな中国人のみなさんが、もっともっと自分で動画を作って情報発信をするきっかけを作れればなと思っています。

まず第一回目は、現在の中国の動画メディアについての概要と現状、そしてこれから私山下が日本をベースにどういう動画を作って行きたいのか、中国で動画を投稿するためにどうすればいいのかをお話しします。

二回目は動画の企画づくりを行います。山下から動画の作り方のコツをお話ししたあと、設定したテーマに基づき、実際にスマホなどを使った動画撮影の準備を行います。 個人もしくはチームに分かれて、第三回目の講座までに2分以内の短い動画を作っていただきます。

三回目は講評です。皆さんが作ってくれた動画に対して、山下はじめゲスト講師が品評し、次回以降の制作へのアドバイスを送ります。
他の受講者の作品を見て、たくさん刺激を受けていただければなと思っています。
優秀作は山下智博チャンネルでも取り上げたいと思っています。

ぜひ皆さんと、楽しみながら面白い動画を作っていきたいと思います。
技術や経験は不問です。ぜひお申し込みください。

 

yamashita_t_pic.jpg

ゲスト講師

プロフィール

山下 智博(やました・ともひろ)氏

2008年、大阪芸術大学卒業。札幌市教育文化会館職員を経て、2012年中国・上海市に移住。日本のサブカルチャーなどを紹介する自作のネット情報番組が人気を博し、2016年には中国微博の影響力ランキングで外国人ナンバーワンとなる。2017年、コンテンツによって日中間の摩擦を解消し、文化交流を通じて相互理解を進めるための会社「株式会社ぬるぬる」を設立。

 

山下塾連続講座2018 第1回 詳細

日時 2018年8月7日(火)20:00~22:00 ※開場:19:45
講師 山下 智博 氏
会場 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
定員 100名
費用 無料

 

ご予約はこちら

  • 山下塾 連続講座 2018 ~中国に響く動画コンテンツ・プロデュース手法~

ページの先頭へ