イベント

サイバーファイナンスラボ・プロジェクト Meetup

デジタルハリウッド大学大学院
尹煕元(ゆん・ひうぉん)研究室 & アジャイルデベロップメントラボ

 

株式会社QUICK提供API決定!
クリエイティブとICTの力で、金融サービスをHackする
「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」Meetupを開催

 

日本初の株式会社による専門職大学院 デジタルハリウッド大学大学院では、クリエイティブとICTの力で革新的な金融サービスを創る実験場として「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」を開始いたします。

本プロジェクトでは、革新的な金融サービスの創出を志すビジネスパーソン、起業家、エンジニア、クリエイター、研究者/学生からなる開発チームに対し、約6か月間のインキュベーション・プログラムを提供し、プロトタイプの制作を支援致します。

実務への実装が可能なプロトタイプの制作を支援するために、ラボでは以下のサービスを提供いたします。
1.実務家・研究者による金融実務・理論の教育とメンタリング
2.金融サービス開発に活用可能な、専門的なデータやAPI等の提供
3.投資・協業のパートナー候補とのマッチング

この度、本プロジェクトの協賛企業として株式会社QUICK(本社:東京都中央区、社長:吉岡昇)より、『QUICK APIs』の提供を受けることとなりました。プロジェクト参加者は、プロジェクト内での利用に限り無償で利用が可能となります。 (ただし、株式会社QUICKが定める参加規約に同意し、規約に従って利用していただく必要があります。)

 

cflp.jpg

 

<API提供内容>
総合情報ベンダーQUICKが信頼性の高い情報を配信するWeb APIです。株価・為替レート等のマーケットデータとトラックレコード、投資信託の分析情報、上場企業のスクリーニング、資産運用を体感するシミュレーションなど、金融情報への自在なアクセス提供します。

<Meetup>
同プロジェクトのMeetupを下記概要で開催いたします。プロジェクトの概要等の説明と合わせて、参加者との交流の時間も設けております。当ラボの研究員並びにメンター陣も参加を予定しておりますので、当プログラムにご関心のある方は、ぜひご参加ください。

 

サイバーファイナンスラボ・プロジェクト Meetup 詳細

日時
2016年6月16日(木)19:00~22:30(開場:18:45)
2016年6月30日(木)19:00~22:30(開場:18:45)
プログラム
19:00 開始挨拶
 
19:05 金融基礎講義
  6月16日「確率・統計のさわり~金融市場で使う確率・統計術について」
  6月30日「将来の株価が予測できない理由 (金融市場の流れを見る技術)」

19:30 全体ディスカッション
           ・ 講義内容についての質問
           ・ 参加者から、自身の企画に関して質問

20:00 Meetup

20:45 Lightning Talk (希望者)
           ・ 自身の考えている企画を説明⇝チームメンバー、パートナーを募る

21:00 CFL概要説明
           ・ 参加者、スポンサー、パートナー募集

22:00 終了
会場
デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
定員
100名
費用
無料
主催
デジタルハリウッド大学 産学官連携センター
共催
デジタルハリウッド大学大学院

 

Meetupのお申し込みはこちら

 

サイバーファイナンスラボ・プロジェクトとは

ファイナンスに関わる革新的なサービスを創り出す意思とスキルを持つ方々に対して、プロトタイプ制作を支援する「インキュベーター」です。
インキュベーション・プログラムに参加する、新しい事業やサービスの創出を目指す起業家、クリエイターやエンジニアからなるチームに対して、充実した実務家・研究者メンター陣による金融理論や実務に関するトレーニング機会や専門的なツールを提供し、プロトタイプ制作を支援します。
また、金融機関やファイナンスに関連する事業会社と、インキュベーション参加チームとのマッチングや合同ワークショップ、ピッチイベント等を通して、企業に対してはオープンイノベーションの実現を、参加チームに対しては事業化を、サポート致します。
実務家メンター陣に加え、デジタルハリウッドの強みである、クリエイティブ分野のメンタリングも特長です。

 

インキュベーション参加対象者

多様な才能が化学反応を起こす場の創出を目指し、下記のような人材を募集します。
・金融+テクノロジーの分野で革新を起こしたいスタートアップ経営者や起業志望者
  (開発進行中の個人や、Startupのチーム参加も可能です)
・企業の新規事業担当者、オープンイノベーション担当者
・個人投資家、デイトレーダー、長期投資家、機関投資家等
・デザイナー、エンジニア、その他専門職
・人工知能やBig data等の研究者、等
  (他の研究機関や大学院等に所属する方の参加も可能です)

 

インキュベーションへの参加方法
・参加申込(志望動機、研究計画、スキル・実績等)を提出頂き、審査に通った方が参加資格を得ます。
  ※デジタルハリウッド大学大学院在籍生・修了生は、申込のみで参加可能です。(応募人数によっては選考の可能性あり)
・エンジニアやデザイナーを含む「モノを作れる」チーム単位での参加とします。
・チームメンバー採用を促進するため、Meetup等の各種イベントも開催予定です。

 

サポート

1)実装支援
年間を通し、「アジャイルデベロップメントラボ」および本学各科目にて、サービス開発のエンジニアリングやクリエイティブを習得(本学在籍生に限られます)

半期毎のサイクルで行われる成果発表会をゴールとして、 サービス開発を行います。
成果発表会は、 外部参加者もエントリー可能なオープンコンペティションとし、本プロジェクトから商品化可能なWebサービスリリースを目指します。

協力企業からのデータやAPI提供を受けて、 マーケットデータをプロジェクト参加者に無償で開放いたします。(ただし企業提供のAPIについては、 原則として本学在籍生および関係者のみに提供されます。)

2)メンタリング
尹代表研究員およびアドバイザー陣(現役ファンドマネージャー等)によるメンタリング

3)研究会
金融における数学、 物理基礎講座

4)公開講座

5)有識者によるシンポジウム

※豪華アドバイザー陣は決定次第、随時掲載いたします。

 

スケジュール

2016年6月
- トライアルイベント開始

2016年10月~
- 第1期インキュベーション開始

2017年2月
- 第1期成果発表会

※詳細は確定次第、順次公開いたします。

 

Meetupのお申し込みはこちら

 

発起人

プロフィール

yun_prof.jpg

尹 煕元 氏(ゆん・ひうぉん)

株式会社シーエムディーラボ代表取締役 / 工学博士 / デジタルハリウッド大学大学院 特任教授

1989年よりソロモンブラザース証券勤務。 日本株式、 アジア株式のトレーディング業務に従事。 2002年 慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了。工学博士号取得後、 株式市場為替市場の研究と分析システムの開発に従事 する。 2007年株式会社シーエムディラボ設立。代表取締役就任。

□事例「東大日次物価指数プロジェクト」
□事例「日経TcikVision」

 

プロフィール

takahashir_prof.jpg

高橋 龍征 氏(たかはし・たつゆき)

サイバーファイナンスラボ・プロジェクト プログラムディレクター / デジタルハリウッド大学 メディアサイエンス研究所 尹煕元研究室 研究員

大手システムインテグレーターで営業、経営企画に従事後、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了(経営学修士)。在学中はIPOコンサルティング、ヘッジファンド営業支援、国会議員事務所インターンを経験。ソニー株式会社に入社し、事業戦略、マーケティング、政策渉外に従事。その後、サムスン電子ジャパン株式会社にてモバイル決済等プラットフォーム事業の企画に携わった後独立。現在は、事業開発コンサルタントとして、ベンチャーキャピタル立上げや新規事業開発を支援している。

 

Meetupのお申し込みはこちら

 

アドバイザー

 

プロフィール

yamazaki_prof2.jpg

山崎 大助 准教授(やまさき・だいすけ)

Web関連のプログラムの開発者としてWebサービス、開発、CMS、医療系アプリなど幅広く活躍。デジタルハリウッド大学院、大妻女子大学でも教鞭をとる、2015年には「世界を変えるGEEKになろう」のコンセプトを掲げたG’s Academy TOKYOの主席講師に着任。
受賞歴としてMicrosoft MVP(2013~2016)を受賞。

著書「jQueryレッスンブック」(ソシム)
著書「レスポンシブWebデザイン「超」実践デザイン集中講義」(ソフトバンククリエイティブ)

 

プロフィール

mitsubuchi_prof.jpg

三淵 啓自 教授(みつぶち・けいじ)

株式会社日本ウェブコンセプツ 代表取締役 / 3U.com(米国)CEO

1961年東京都生まれ。83年渡米。
スタンフォード大学修士課程コンピュータ数学科卒業後、米国オムロン社にて人工知能や画像認識の研究に携わる。退社後、米国ベンチャー会社設立を経て(株)日本ウェブコンセプツ、米国法人3U.com社を設立。
ユビキタス情報処理や画像認識システムなど、最先端のWebシステムの開発を手掛けている。2006年本学に三淵研究室を設立し、同仮想世界の普及に寄与する。メインの研究は、デジタルコンテンツ流通、仮想世界と現実世界の融合、仮想世界の教育活用。

 

プロフィール

mogi_prof.jpg

茂木 健一 客員教授(もぎ・けんいち)

Gashfara,lnc.代表

学生時代から、エニックスでオリジナルゲーム制作、SmallTalkで人口知能開発。(株)東洋情報システム退社後、(株)エイチアイ、(株)ファッションウォーカーなど数社のベンチャー企業の立ち上げに参画し、カップル向けスマホサービス(株)HUGGを創業。システム開発ではツタヤオンラインの立ち上げ、動画配信、電子マネーなど多彩な分野を経験。デジタルハリウッド、エイチアイで教育コンテンツの作成、講師を務める。さまざまな事業を立ち上げるために最適な開発環境を調査して設計・開発・運用・指導することが得意。

著作「PHP逆引き大全516の極意」[共著](秀和システム)

 

プロフィール

ochiai_prof.jpg

落合 孝文 氏(おちあい・たかふみ)

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 弁護士(第二東京弁護士会)

2004年慶應義塾大学理工学部数学科卒業後、2005年慶応義塾大学大学院理工学研究科在学中に司法試験に合格し、同大学院を中退し司法修習に入る。2006年に森・濱田松本法律事務所入所後、国内外の紛争解決、知的財産、事業再生、中国を中心とする海外進出支援業務等を中心に、企業法務に従事した。知的財産関連業務には、理工学部出身のバックグラウンドを生かして取り組み、知的財産権の利活用、ノウハウ・個人情報・企業秘密保護、著名人間の著作権侵害訴訟、大手企業間の特許権侵害訴訟等を担当した。中国、アジアの知的財産制度に関する委託調査も担当した。同事務所北京事務所勤務を経て、2015年から渥美坂井法律事務所・外国法共同事業に参画。
IT業界における、新規事業立ち上げ、データ配信、アプリの作成、消費者との取引に関する規制や、ヘルスケア業界における、遠隔診療、医療情報の利活用、薬機法等での広告規制、医薬部外品のリコール等の業務を担当した。最近は、IT技術を様々な業種に融合したことによる新規事業の開発への関与を深めており、デジタルヘルス、Fintechに関する新規相談業務に取り組んでいる。

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

 

プロフィール

x_prof.jpg

山田 伸治 氏(やまだ・しんじ)

ソアラ・キャピタル・ストラテジーズ株式会社 代表取締役 / 早稲田大学大学院ファイナンス研究科 非常勤講師

支援分野:アセットマネジメント

 

 

 

プロフィール

x_prof.jpg

Y 氏

米系大手ヘッジファンド マネジングディレクター / ポートフォリオマネージャー

支援分野:ポートフォリオマネジメント / ファンダメンタルズ分析 / クオンツ分析 / トレーディング

国内外大手アセットマネジメント会社を経て、米系大手ヘッジファンド(運用総額3兆円規模)にて、ポートフォリオマネージャーとして運用業務に従事。
東京大学大学院工学系研究科修了、一橋大学大学院国際企業戦略研究科修了(金融MBA)

 

プロフィール

nishiyama_prof.jpg

西山 昇 氏(にしやま・のぼる)

Dragons’Desk Ltd. (欧州のリスク計測モデルの主要ベンダーEM Applicationsアジア地域代表)
シニア・テクニカル・コンサルタント
千葉商科大学会計大学院 客員教授、武蔵大学経済学部金融学科 非常勤講師
東北大学国際会計政策大学院 非常勤講師
応用経済時系列研究会 理事、人工知能学会金融情報学研究会 幹事

支援分野:金融リスク管理 / 統計学 / ポートフォリオ理論と運用

Dragons’Desk Ltd.のシニア・テクニカル・コンサルタントとして、主に投資運用マネージャに対する最先端のマーケットリスクソリューションの実装をサポート。
和光証券(現みずほ証券)、朝日ライフ アセットマネジメント、クレディ・スイス・アセットマネジメントを含む日系・外資のセルサイドとバイサイドにおいて、ファンドマネージャを含むリスク管理・コンプライアンス部門での20年超の経験がある。

 

プロフィール

x_prof.jpg

K 氏

英系銀行・証券会社 リスク管理本部長兼コンプライアンス部長

支援分野:銀行及び証券会社における金融規制対応

新卒にて米系銀行入行、その後独系金融機関(銀行・証券会社)を経て、現在英系金融機関(銀行・証券会社)においてリスク管理本部長兼コンプライアンス部長として、信用リスク管理部、市場リスク管理部、オペレーショナルリスク管理部及びコンプライアンス部を統括。外資系銀行及び証券会社のコンプライアンス・オフィサーとして内部管理態勢整備及び内部統制構築などに従事するとともに、レギュレーターによる検査(金融庁検査、財務省検査、日銀考査等)においては主導的立場で対応。

 

プロフィール

ookubo_prof.jpg

大久保 琢史 氏(おおくぼ・たくじ)

Japan Macro Advisors株式会社 代表取締役、マネージング・ディレクター&チーフエコノミスト

支援分野:マクロ経済 / ファイナンス / 公共政策

ゴールドマンサックス、メリルリンチでシニアエコノミスト、ソシエテジェネラルで日本・韓国担当チーフエコノミスト。2012年にJapan Macro Advisors (東京)、2016年にJMA India(インド・バンガロール)を設立し、機関投資家・事業会社・地銀向けマクロ経済コンサルティング、インドのIT開発拠点を活用したITコンサルティング事業を経営。
東京大学経済学部学士、INSEAD経営大学院修士(MBA)、UPF (バルセロナ)大学金融経済学博士課程単位取得退学。

Japan Macro Advisors株式会社

 

プロフィール

akagi_prof.jpg

赤木 正幸 氏(あかぎ・まさゆき)

エムソーラーアセットマネジメント株式会社 代表取締役社長

支援分野:不動産 / J-REIT / 太陽光発電 / インフラファンド / プロジェクトファイナンス

不動産金融業界においては、MIDリート(現MCUBS MidCity)の上場準備と上場後運用体制構築に貢献するとともに、森ビル・インベストメントマネジメント株式会社にて投資開発部長として不動産売買と決算・IR業務を統括。太陽光発電業界においては、パネルメーカーCFOとして財務基盤を確立するとともに、太陽光発電事業プロジェクトファイナンスの組成や大手企業との合弁事業を実現し会社成長の礎を構築。現在は、三菱商事の合弁会社である太陽光発電事業アセットマネジメント会社のCEOを担う。
早稲田大学法学部卒業、早稲田大学政治学研究科修士(行政学専攻)、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科(MBA)、ニューヨーク大学公共行政大学院客員研究員、コロンビア大学国際関係公共政策大学院客員研究員。早稲田大学政治学研究科博士課程(公共経営専攻)にて、インフラファイナンスに関する論文を執筆中。

エムソーラーアセットマネジメント株式会社

 

プロフィール

yoshiyama_prof.jpg

吉山 昌 氏(よしやま・まさし)

認定NPO法人 難民支援協会 理事、ディレクター 兼 事務局長 / 公益社団法人 難民起業サポートファンド 代表理事 / ソーシャルマネジメント合同会社 共同創業者

支援分野:国内における外国人の信用問題 / 生業としての起業 / マイクロファイナンス

京都大学法学部在学中にアムネスティ・インターナショナル日本支部(大阪事務所)に勤務し、難民支援協会設立に参画。卒業後、A.T. カーニーにて金融機関等への戦略コンサルティングに従事する傍ら、難民支援協会の理事職を続け、2011年6月より常勤職員となり、事務局次長を経て現職。また難民支援協会の関連事業として、公益社団法人難民起業サポートファンド(「難民起業家」へのマイクロファイナンス機関)の立ち上げに関わり、現在は同社団代表理事をつとめる。
2015年には、様々な領域で社会的事業を経営している有志とともにソーシャルマネジメント合同会社を立ち上げ、成長フェーズにある組織の課題解決にも尽力。

認定NPO法人 難民支援協会
公益社団法人 難民起業サポートファンド
ソーシャルマネジメント合同会社

 

プロフィール

inoue_prof.jpg

井上 裕太 氏(いのうえ・ゆうた)

QUANTUM General Manager, Startup Studio事業責任者

支援分野:事業開発

慶應義塾大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーで日米欧の顧客へのコンサルティングに従事。欧州企業のアジア展開戦略立案、日本企業のグローバル展開における組織設計、金融機関のクロスボーダーM&Aにおける合併後の経営統合等様々なプロジェクトを経験。独立系戦略コンサルティングファームの株式会社フィールドマネージメントにおいては、航空・教育・人材・デジタルマーケティング・不動産等多数の業界における新事業創出プロジェクトをリード。またWIRED誌の北米特派員も兼任し、Y Combinator等のシード・アクセラレーターのデモ・デイに参加、シリコンバレーやニューヨークで多くの起業家を取材。
現在はTBWA/HAKUHODO/QUANTUMにおいて、「スタートアップベンチャーの革新的な技術やアイデア」と「大企業のパワー」を合わせ、新事業を生み出すコーポレートベンチャリング・アクセラレーター事業の立ち上げをリード。

TBWA/HAKUHODO/QUANTUM

 

プロフィール

sawayama_prof.jpg

澤山 陽平 氏(さわやま・ようへい)

500 Startups Japan マネージング・パートナー

支援分野:事業開発 / 資金調達

JP モルガンでTMT セクターの資金調達やM&Aアドバイザリー業務に携わった後、野村證券の未上場企業調査部門である野村リサーチ・アンド・アドバイザリー(NR&A)において IT セクターの未上場企業の調査/評価/支援業務に従事。2015年12月から現職。プログラミングを趣味としており、TechCrunch Tokyo Hackathon にて、2014年TOP5入賞、2015年IBM賞受賞。東京大学大学院 工学系研究科 原子力国際専攻修了。修士(工学)

500 Startups Japan

 

プロフィール

suzuki_prof.jpg

鈴木 吾朗 氏(すずき・ごろう)

株式会社リンクス 代表取締役

支援分野:企業財務 / 資本政策 / エクイティファイナンス / クラウドファンディング

三菱重工業株式会社を退職後、株式会社gumi創業期など複数ベンチャーのCFOとして資金調達に携わり、総額10億円以上の資金を調達。2015年3月にリンクスを創業。「レンタルCFO」として東工大発人工知能のSOINN株式会社など複数企業で数億円の調達支援に携わる。また、起業家としてFinTech系サービス「LYNX」を立上げ、サービス拡大中。
2015年より経産省発ドリームゲートにてアドバイザー。2015年市場調査部門でDREAM GATE AWARD 2015受賞。

DREAM GATE
株式会社リンクス

 

プロフィール

ito_prof.jpg

伊藤 羊一 氏(いとう・よういち)

ヤフー株式会社ピープル・デベロップメント統括本部Y!アカデミア本部本部長

支援分野:リーダーシップ / 事業開発 / プレゼンテーション

1990年日本興業銀行入行、企業金融、事業再生支援ほかに従事。2003年プラス株式会社に転じ、流通カンパニーにてロジスティクス再編、グループ事業再編などを担当後、2012年より執行役員ヴァイスプレジデントとして事業全般を統括。2015年4月ヤフー株式会社に転じ、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授、またKDDIムゲンラボ、IBM Blue Hub、MUFG FIntechアクセラレーター、青山スタートアップアクセラレーションプログラム、学研アクセラレーター、森永アクセラレーターなどのインキュベーションプログラムでアドバイザー、メンターを務める。東京大学経済学部卒。グロービスGDBAプログラム修了。

 

プロフィール

koizumi_prof.jpg

小泉 由貴子 氏(こいずみ・ゆきこ)

シーセンス株式会社 マーケティングディレクター

支援分野:マーケティング / PR

新卒で日本オラクルへ入社。OEM営業、営業企画、マーケティングコミュニケーションを担当。その後、モーグルに没頭して白馬村へ移住し、スキー場のPR、スキー場のM&Aを行う会社の立ち上げとPRを担当。東京へ戻り、女性専用フィットネスFC本部広報責任者となり、全国、地方の4マスメディアに向けた徹底PRを実施して多数の露出を獲得。その後、博報堂系デジタルマーケティングデージェンシーのアイレップで広報・販促の責任者を担い、新たな切り口での露出とブランディングを実現。現在はオウンドメディア活性化のテクノロジーを提供するノルウェー企業シーセンスでマーケティングを担う。明治大学理工学部機械工学科卒。

シーセンス株式会社

 

プロフィール

x_prof.jpg

M氏

機械系上場企業 代表取締役社長 / 食品系未上場企業 社外取締役

支援分野:企業経営全般 / 経営戦略 / 地方創生

1997年、大手証券系シンクタンクに入社。主に、上場企業を中心とする投資銀行 関連業務に携わる。2007年から3年間、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所常勤訪問研究員を兼務し、金融および情報通信放送行政のポリシーウォッチを担当。2010年5月上場メーカーに転じ、2012年3月に代表取締役社長に就任。 東京理科大学大学院基礎工学研究科修了(工学修士)、早稲田大学大学院商学研究科修了(経営学修士)。

 

プロフィール

kato_prof.jpg

加藤 慶氏(かとう・けい)

新日本有限責任監査法人 企業成長サポートセンター マネージャー / 公認会計士

支援分野:IPO / 資本政策 / ファイナンス

新卒で入社したFCコンサル会社にて、複数の新規FC事業の立ち上げ業務に従事。2007年に公認会計士試験に合格、同年12月新日本監査法人に入所。入所以来一貫して、IPO支援・ベンチャー支援に従事し、監査先2社のIPOを経験。2014年5月、三井不動産株式会社に出向。ベンチャー支援部門の立ち上げ、CVC設立に携わる。2016年4月より、新日本有限責任監査法人に帰任し、現職。

新日本有限責任監査法人 企業成長サポートセンター

 

プロフィール

murakoshi_prof.jpg

村越 悟氏(むらこし・さとる)

株式会社グッドパッチ

支援分野:UXデザイン

1979年神奈川県生まれ。2002年成蹊大学法学部政治学科を卒業後、システムエンジニアとして某大手生命保険会社の契約管理システムの運用保守、生保統合案件に携わる。その後、Web業界に転じ、Webディレクター/インフォメーションアーキテクトとして、大手企業のコーポレートサイトの構築案件のコンサルティング、構築ディレクションを手がける。2013年グリー株式会社に入社、社長室にてコーポレートブランディング業務に従事した後、モバイルゲーム開発部門に異動、UXデザイン専門チームの立ち上げ、同チーム マネージャーを経て、2015年5月よりグッドパッチにジョイン。2015年12月より同社取締役として、受託事業の統括を行う。
HCD-net 認定人間中心設計専門家。
特定非営利活動法人 人間中心設計推進機構 評議委員。

株式会社グッドパッチ

 

サイバーファイナンスラボ・プロジェクト Meetup 詳細

日時
2016年6月16日(木)19:00~22:30(開場:18:45)
2016年6月30日(木)19:00~22:30(開場:18:45)
プログラム
19:00 開始挨拶
 
19:05 金融基礎講義
      6月16日「確率・統計のさわり~金融市場で使う確率・統計術について」
  6月30日「将来の株価が予測できない理由 (金融市場の流れを見る技術)」

19:30 全体ディスカッション
           ・ 講義内容についての質問
           ・ 参加者から、自身の企画に関して質問

20:00 Meetup

20:45 Lightning Talk (希望者)
           ・ 自身の考えている企画を説明⇝チームメンバー、パートナーを募る

21:00 CFL概要説明
           ・ 参加者、スポンサー、パートナー募集

22:00 終了
会場
デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
定員
100名
費用
無料
主催
デジタルハリウッド大学 産学官連携センター
共催
デジタルハリウッド大学大学院

 

ご予約はこちら

  • サイバーファイナンスラボ・プロジェクト Meetup

ページの先頭へ