留意事項

(1)応募者について、又は応募された作品及びビジネスプランその他アイデア等(以下、応募作品とする。)について、以下に該当する場合には、審査対象から外す、又は受賞の取消しをさせていただきますので予めご了承ください。

  1. 応募者又は応募作品が、法令等もしくは公序良俗に違反し、又はそのおそれのある場合
  2. 応募者が日本国内で事業を営んでいる者で、申告の完了した直近の年度分の法人税または所得税、法人都道府県民税、法人市区町村税、また個人住民税のいずれかを滞納している場合
  3. 応募者が暴力団による不当な行為の防止等に関する法律において規定する暴力団または暴力団と関係にあるものである場合
  4. 応募者又は応募作品が、政治的活動または宗教的活動を主たる目的とするものである場合
  5. 応募者が風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律において規定する営業を営むものである場合
  6. 応募作品が、主催者又は第三者の著作権、商標権その他の知的財産権、名誉権、プライバシー権、肖像権等の権利又は法的利益を侵害し、又は侵害するおそれがある場合
  7. 応募者が、応募に際して虚偽の情報を開示し、その他主催者に対して虚偽の申告を行った場合
  8. 応募者が、審査の過程においてアワードの円滑な実施を妨げる行為を行った場合
  9. その他、主催者が本アワードの主旨に照らし不適切と判断した場合

(2)応募にあたって提供された個人情報や連絡先情報については、本アワードの運営に使用されます。提出された書類に基づいて、応募資格の確認等のため,調査機関などで企業、団体、個人の調査を行う場合があります。

(3)応募作品の中に織り込まれる未取得特許などの技術やノウハウ、著作権、知的財産権、企業秘密等の情報の法的保護については、応募者の責任において対策を講じて下さい。本アワードの事務局は、応募作品について著作権等の知的財産権侵害に関する責任は一切負いません。応募者は、本アワードにあたってご提出いただく一切の情報について、応募者独自のものであり、応募者が正当な権利を有し、本アワードへの応募及び事務局の利用が第三者の権利を侵害せず、第三者との契約違反を構成しないものであることを保証するものとします。

(4)応募作品の所有権、著作権、特許権その他知的財産権等の権利(以下、諸権利とする。)は応募者に帰属します。応募者は、応募したチーム内で、応募作品を用いて商行為を行おうとする場合、応募作品にかかる諸権利の権利帰属については、応募者チーム内で協議し、合意の上で行うものとする。

(5) 応募者が応募作品に関連して、募集要項に違反したことにより第三者からクレームが生じた場合には、応募者の責任と費用においてこれを解決するものとし、事務局がこれにより損害を被った場合には、応募者は事務局の損害を賠償する責任を負うものとします。

(6) 本アワードの内容等については、予告なく変更する場合があります。

(7)提出された書類などへの返却はいたしかねます。なお、応募した書類などに修正の必要が生じた場合には、応募の期間内においてのみ差し替えを認めます。

(8)参加チームの名称および応募作品の概要は公表されます。

(9)応募された作品については、一次審査および最終審査において審査員に開示されることに同意するものとします。最終審査に進まれた方については、公開プレゼンテーションを行って頂きます。公開プレゼンテーションにて使用する資料や情報は一般に公開されることを前提にご準備ください。なお、最終審査の場で公開せず、審査委員のみに詳細や追加情報を提供することは可能です。

(10)公開プレゼンテーションを行うことによって、プランの模倣や類似商法が発生するリスクがあります。発生したすべてのトラブルは、いかなる場合であっても事務局はその責を負いません。

(11)一部の公開を指定した項目以外の情報を除いて、すべての応募者から提出された情報は、審査員及び事務局関係者以外には、応募者の事前の承諾なく、第三者に公開することは致しません。

(12)応募に係る資料作成費用、人件費などはすべて応募者の負担とします。

(13)応募者は、本アワードの応募者及び応募作品の概要について、事務局が、広報、宣伝等の目的で任意及び無償で利用することに同意するものとします。