「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」参加規約

第1条(本規約について)

  1. この参加規約(以下「本規約」といいます。)は、デジタルハリウッド株式会社(以下「デジハリ」といいます。)が開催する、金融サービスの開発を目的とするプロジェクトである「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」(以下「本プロジェクト」といいます。)に参加する参加者の一切の行為について適用されます。
  2. 本規約は、本プロジェクトの参加条件を定めるものであり、参加者は、本規約に従って本プロジェクトに参加するものとします。
  3. 参加者は、本プロジェクトに参加する場合、本プロジェクトにおいて提供される情報、注意事項などを確認するものとします。また、参加者は、本プロジェクトに参加することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされるものとします。
  4. 本プロジェクトの参加者が法人である場合、当該法人は、当該法人に所属し、本プロジェクトにおいて活動を行う個人に対して、本規約を遵守させる義務を負うものとし、当該個人が本規約等(第2条1項に定義します。)に違反した場合は、参加者である法人は、当該個人と連帯して責任を負うものとします。

第2条(本規約の範囲)

  1. デジハリは、本規約の他にプロジェクトの参加条件、参加上の決まり等を規定する場合があります。その場合、その規定の名称が何であるかを問わず、本規約の一部を構成するものとします(これらを総称して「本規約等」といいます。)。
  2. 本規約の定めと、本規約等以外の規約の定めが異なる場合は、本規約の定めが優先して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

  1. デジハリは、参加者の事前の承諾を得ることなく、本規約を、任意の理由で随時変更することができ、参加者はあらかじめこれを承諾するものとします。
  2. 変更後の本規約は、デジハリが別途定める場合を除いて、本プロジェクトのウェブサイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。したがって、本プロジェクトに参加する際、または本プロジェクトにおいて活動を行う際には、随時、最新の本規約等をご確認ください。
  3. 参加者が、本規約の変更の効力が生じた後に本プロジェクトに参加した場合、または本プロジェクトにおいて活動を行う場合は、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。

第4条(未成年者のプロジェクト参加)

  1. 未成年者が本プロジェクトに参加する場合、本プロジェクトにおける一切の行為(本条各項を含む本規約等への同意を含みます。)について、法定代理人(親権者等)の承諾を要するものとします。また、本規約に同意した時点では未成年者であった参加者が、成年に達した後に本プロジェクトにおいて活動した場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。
  2. 参加者が未成年である場合は、当該参加者の法定代理人(親権者等)は、当該参加者を管理・監督するものとし、当該参加者が本プロジェクトを通じて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

第5条(利用申込とその承認)

  1. 本プロジェクトへの参加を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、デジハリが定める方法により、利用の申込みを行います。なお、参加の申込みをした者(以下「参加申込者」といいます。)は、デジハリが、その申込みを承認した時点で、参加者となります。
  2. 本プロジェクトの利用申込みを受けたデジハリは、利用申込者が、以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、本プロジェクトの利用を承認しない場合があります。
    (1)利用申込者が、前項の方法によらずに利用の申込みをした場合
    (2)利用申込者が、過去(利用申込みをした時点を含みます)に、本規約等の違反により、本プロジェクトの参加承認が取り消されている者である場合
    (3参加者が反社会的勢力の構成員もしくはその関係者である場合
    (4)申込内容に虚偽の記載があったことが判明した場合
    (5)申込みをした者が実在しない場合
    (6)その他、デジハリが不適切と判断した場合

第6条(登録解除)

  1. デジハリは、参加者が次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、デジハリの判断で、参加者を強制的に登録解除し、本プロジェクトへの参加をお断りする場合があります。
    (1)第4条第1項の方法によらずに利用申込を行ったことが明らかとなった場合
    (2)本規約等に違反した場合、または違反するおそれがある場合
    (3)参加者が死亡した場合
    (4)その他デジハリが不適切と判断した場合
  2. デジハリは、本プロジェクトの登録を解除された参加者の個人情報を含む一切の情報を、解除後も引き続き保有する義務を負わないものとします。

第7条(情報の取扱いについて)

  1. 本プロジェクトにおいては、デジハリ、株式会社QUICKその他の情報提供企業(以下「情報提供企業」といいます。)が、本プロジェクトのためにさまざまな情報、データ等(以下「本情報」といいます。)を提供します。
  2. 参加者は、本プロジェクトの遂行のためにのみ本情報を利用するものとし、本情報を第三者(本プロジェクトの参加者を除きます。)に、漏洩、開示、その他利用をさせないものとします。
  3. 参加者は、別途デジハリまたは情報提供企業が指定する接続構成(WebAPIによるデータアクセス機能)によってのみ本情報を取得するものとし、その他の手段で本情報を取得しないものとします。
  4. 参加者は、本プロジェクトが終了した場合は、デジハリまたは情報提供企業の指示に従って、本情報(その複製物を含みます。)を破棄、消去または返還するものとします。

第8条(利用環境の整備)

  1. 参加者は、本プロジェクトに参加するために必要な、PC、スマートデバイス、通信機器、その他のあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段、電力等を、自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
  2. 参加者は、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、デジハリは、参加者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。
  3. 参加者は、本プロジェクト参加に伴い、デジハリまたは情報提供企業から書籍、電子計算機器その他備品を貸与された場合は、当該貸与物は、本プロジェクト遂行以外の目的には使用しないものとし、プロジェクト終了後は、速やかにデジハリまたは情報提供企業にそれら貸与物を返還するものとします。

第9条(本プロジェクトの成果物等)

  1. 参加者は、本プロジェクトの参加者として制作した成果物(以下「成果物」といいます。)が、第三者の著作権、特許権、その他の知的財産権を侵害しないものであることを保証します。
  2. 参加者は、情報提供企業が成果物について事業化することを希望した場合には、事業化について情報提供企業と優先的に交渉する義務を負うものとします。また、参加者が自ら事業化する場合は、事前に情報提供企業に当該事業化に参画するための交渉の機会を与えるものとします。
  3. 参加者は、本プロジェクトまたはデジハリが主催する研究会並びにクローズドピッチ(情報提供企業のサービスに関する紹介、提案の場をいいます。)に適宜参加するものとします。

第10条(本プロジェクトの実施期間)

  1. 本プロジェクトの実施期間は、2016年10月1日から2017年2月28日までとします。

第11条(参加料金)

  1. 本プロジェクトの参加料金は、30万円(消費税等別途)とします。
  2. 本プロジェクトの参加者は、前項に定める参加料金を、別途デジハリが定める期日までに、デジハリが定める金融機関口座に振り込み支払う方法にて支払うものとします。なお、振り込みにかかる手数料は、振込者の負担とします。

第12条(免責)

  1. 参加者は、参加者自身の責任において本プロジェクトに参加するものとし、デジハリは、参加者が本プロジェクトに参加する中でなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負いません。また、参加者が未成年である場合は、当該参加者の法定代理人(親権者等)は、当該参加者を適切に管理・監督するものとし、当該参加者が本プロジェクトに参加して行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。
  2. 本規約等に違反する行為またはそのおそれがある行為があったと信じるに足りる相当な理由があるとデジハリが判断した場合は、デジハリは当該行為を行った参加者の本プロジェクトへの参加を拒否する場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  3. デジハリは、理由のいかんを問わず、本プロジェクトの変更、中断、終了につき、一切の責任を免除され、参加者に何らかの不利益または損害が発生した場合であっても、一切その責任を負いません。
  4. 本規約等が、消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合で、かつ、デジハリが債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、デジハリに故意または重大な過失がある場合を除いて、デジハリは、当該参加者が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。したがって、デジハリは、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見することができた場合を含みます)については、その責任を負いません。

第13条(本プロジェクトの中止等)

  1. デジハリは、その判断により、本プロジェクトの内容の変更、本プロジェクトの全部または一部の提供を中断または終了することができ、それに伴い参加者に生じる損害を賠償する義務を負いません。ただし、本プロジェクトの全部または一部の提供を中断または終了する場合は、やむを得ない事情がある場合を除き、参加者に事前に通知することとします。

第14条(本規約等の違反行為等への対処)

  1. 参加者が、他の参加者について本規約等に違反する行為を発見した場合は、適宜の方法により、デジハリに当該違反の事実及び内容を通報してください。
  2. 参加者が本規約等に違反した場合、その他デジハリが必要と認めた場合は、デジハリは当該参加者に対して、以下の各号に定める措置を含む、デジハリが必要と判断する措置を講ずることがありますが、その義務を負うものではありません。なお、この措置により、参加者に不利益や、損害が発生した場合であっても、デジハリはその責任を負いません。
    (1)本規約等に違反する行為を止め、同様の行為を繰り返さないよう要求すること
    (2)刑事事件、行政事件その他に該当する可能性がある場合の警察その他の公的機関への通報等の、違反事実を本プロジェクト内外に開示すること
    (3)一時的に本プロジェクトへの参加を停止させること
    (4)参加者の本プロジェクトへの参加を強制的に停止すること
    (5)参加希望者の参加申込みを承諾しないこと
  3. 参加者は、デジハリが本条の規定に基づいて行った本規約等に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできません。
  4. デジハリは、本条第2項の処分を受けた参加者について、当該処分に必要となる範囲で、当該参加者の個人情報等を保存する場合があります。

第15条(個人情報)

  1. デジハリは、参加者または参加希望者から個人情報を取得した場合には、当該個人情報を、デジハリが別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。
  2. デジハリは、情報提供企業のリクルーティング活動を目的として、情報提供企業に対して参加者または参加希望者の個人情報を提供する場合があります。

第16条(本規約等の有効性)

  1. 本規約等の各条項の全部または一部が法令に基づいて無効と判断された場合であっても、当該条項の無効と判断された部分以外の部分及び本規約等のその他の規定は、有効とします。
  2. 本規約等の各条項の一部が、ある参加者との関係で無効とされ、または取り消された場合であっても、その他の参加者との関係においては、本規約等は有効とします。

第17条(法律の適用及び裁判管轄)

  1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
  2. 本規約に関して、デジハリと参加者との間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上。