ニュース RSS

院生・古新舜監督作品「えんがわ」が、「ショートピース!仙台短篇映画祭2012」及び「Cinefiesta 2012」で上映決定

engawa.jpg本大学院生の古新舜監督作「えんがわ」が、「ショートピース!仙台短篇映画祭2012」と、プエルトリコの映画祭「Cinefiesta 2012」にて上映されることが決定しました。

「ショートピース!仙台短篇映画祭2012」
http://www.shortpiece.com/prg_e.html

「Cinefiesta 2012(プエルトリコ)」
http://www.thefilmfoundation.org/

「ショートピース!仙台短篇映画祭2012」は、仙台では上映される機会の少ない若手映画作家の作品上映を目的として2001年からスタートした映画祭です。その中の公募作品上映プログラム「新しい才能」にて、138本に上る応募の中から、古新舜監督の「えんがわ」が4本の上映作品に選出されました。三世代の家族の触れ合いが四季折々の縁側で育まれていく物語である本作品は、2012年9月16日にせんだいメディアテークにて上映を予定しています。また、2012年7月26日にはプエルトリコの映画祭「Cinefiesta 2012」にて本作品が上映され、国内外ともに短編映画の新たな可能性として注目を集めています。

 

古新舜氏プロフィール

プロフィール

coney_main20120818.jpg

古新舜氏(こにい・しゅん)氏

コスモボックス株式会社 代表 / 映画監督

「地域の魅力を映画でアピールする」こと主軸として、デジタルやソーシャルメディアを活用した映画制作を続けている。米国アカデミー賞公認映画祭・ショートショートフィルムフェスティバル&アジアで2年連続入選含め、作品が4年上映され、短編映画の面白さや魅力を常に追究している。代表作は、「koganeyuki」(倉科カナ、天野浩成、栗原瞳)、「わかれもの」(高山かな、畑中葉子、あがた森魚)。

 

 

 

 

 


  • 院生・古新舜監督作品「えんがわ」が、「ショートピース!仙台短篇映画祭2012」及び「Cinefiesta 2012」で上...

ページの先頭へ