ニュース RSS

本大学院の飯田和敏教授開発のWiiWare「ディシプリン*帝国の誕生」が
文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されました

本学でインタラクティブコンテンツ基礎コンソールゲーム・プロデュースゼミをご担当いただいている、飯田和敏教授が開発されたWiiWare「ディシプリン*帝国の誕生」が、平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品エンターテインメント部門(ゲーム、遊具、キャラクター、その他)に選出されました。

文化庁メディア芸術祭では【アート部門】【エンターテインメント部門】【アニメーション部門】【マンガ部門】の4部門ごとに高い芸術性と創造性を基準に、大 賞1作品、優秀賞4作品、奨励賞1作品が選ばれます。このたび、飯田教授の作品は、最終審査会まで進んだ作品の中から、審査委員会推薦の優秀作品として紹 介されました。

平成21年度(第13回)文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品オフィシャルページ

WiiWare「ディシプリン*帝国の誕生」は株式会社マーベラスエンターテイメントより、8月25日に配信開始した近未来の収容施設を舞台にしたアドベンチャーゲームです。

写真:飯田 和敏 客員教授

プロフィール

飯田 和敏(いいだ・かずとし)

デジタルハリウッド大学大学院 客員教授

(有)バウロズ 取締役社長

多摩美術大学卒業。大学在学中からマルチメディアの仕事に携わり、卒業後(株)アートディンクに就職。ゲームソフト「アクアノートの休日」「太陽のしっぽ」を制作後、独立して(有)パーラム(現バウロズ)を設立。「巨人のドシン」などを制作した。

【著書】

日本文学ふいんき語り [=共著] (双葉社)/Web本の雑誌にて、鼎談企画「脳を鍛える!ゲーム化会議」連載中/日経BPにて「ゲームデザイナーが斬る話題のゲーム」連載中/恋愛小説ふいんき語り(ポプラ社)小説げんしけん―拝入蘭人の野望‐Return of the OTAKU(講談社)

【ブログ】

飯田和敏BGK*BLG すばらだぬしい!

 


  • 本大学院の飯田和敏教授開発のWiiWare「ディシプリン*帝国の誕生」が
    文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作...

ページの先頭へ