イベント

【終了】Asmik Ace presents 塚本晋也監督&守屋健太郎監督 公開ティーチイン

デジタルハリウッド大学院大阪キャンパスでは、アスミック・エースエンタテインメント株式会社の協力により、来る5月22日(土)より公開の映画『鉄男 THE BULLET MAN』で監督を務めた塚本晋也氏、また6月5日(土)より公開となる映画『シーサイドモーテル』の守屋健太郎監督を迎え、公開ティーチインを開催致します。両監督にはご自身の最新作を題材に、撮影舞台裏、映画の製作工程、作品の見どころなど、さまざまな視点から語っていただきます。なお本講座は公開授業ですので一般の方でもご参加いただけます。


開催概要

公開ティーチイン詳細
日時 塚本晋也監督編:2010年5月10日(月)17:30~18:15(開場17:00)
守屋健太郎監督編:2010年5月14日(金)17:30~18:15(開場17:00)
会場 デジタルハリウッド大学大学院大阪キャンパス
定員 50名
費用 無料
主催 デジタルハリウッド大学大学院/デジタルハリウッド大阪校
協力 アスミック・エースエンタテインメント株式会社

講師プロフィール

塚本晋也監督最新監督作「鉄尾」ロゴ画像

プロフィール

塚本 晋也(つかもと・しんや)

映画監督 俳優

1960年1月1日、東京・渋谷生まれ。
14歳で初めて8ミリカメラを手にする。
高校時代から本格的に絵画を学び、意欲的に8ミリ映画製作を続けると同時に、演劇にも魅了される。日本大学芸術学部美術学科在学中は、自ら劇団を主宰。同校卒業後、CF制作会社に入社し、ディレクターとして4年間つとめ、退社後、85年「怪獣シアター」を結成し、3本の芝居を興行する。
86年『普通サイズの怪人』で映画制作を再開、87年『電柱小僧の冒険』でPFFグランプリ受賞。
89年『鉄男』で衝撃的デビューと同時に世界的成功をおさめる。
以降もコンスタントに作品を作り続け、監督7作目にあたる『六月の蛇』で02年ヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞を受賞。
製作、監督、脚本、撮影、証明、美術、編集などほとんどすべてに関与して作りあげるスタイルから生まれる独自の映像は、国内、海外の映画ファン、批評家、文化人のみならず、いつの時代も観る者の心をわしづかみにする。
北野武監督作『HANA-BI』がグランプリを受賞した97年にはヴェネチア国際映画祭で審査員をつとめ、05年にも2度目の審査員としてヴェネチア国際映画祭に参加している。
また俳優としても活躍し、監督作のほとんどに出演するほか、竹中直人、山本政志、利重剛、三池崇史、大谷健太郎らの作品にも出演。
『とらばいゆ』『クロエ』『溺れる人』『殺し屋1』で02年毎日映画コンクールほか男優助演賞を受賞している。

映画『鉄男 THE BULLET MAN』は5月22日(土)より 梅田ブルク7、シネマート心斎橋、京都シネマ、シネ・リーブル神戸他全国ロードショー。

守屋健太郎監督最新作「シーサイドモーテル」ロゴ画像

プロフィール

守屋 健太郎(もりや・けんたろう)

映画監督

1968年生まれ、東京都出身。
92年テレビマンユニオンに参加し、ドラマ、ミュージック・クリップ、CM、TVタイトルバック等の演出を多数手掛ける。
96年ドラマ「噂の探偵QAZ」(NTV)でテレビジョンATP賞新人賞受賞。
01年にショートフィルム「遠野と『遠野物語』」でハイビジョン国際映像祭最優秀賞、第49回コロンバス国際映画祭銅賞などを受賞。
05年に、初の長編映画監督作となる『スクールデイズ』にて第18回エクスグランド映画祭YOUTH FILM部門最優秀賞を受賞するなど、内外で高い評価を受ける。
近年の作品としては、ドラマ「トンスラ」(08/NTV)、GReeeeN「刹那」ミュージッククリップ(09)など。

映画『シーサイドモーテル』は6月5日(土)より梅田ガーデンシネマほか全国ロードショー。


※本イベントは終了いたしました


  • 【終了】Asmik Ace presents 塚本晋也監督&守屋健太郎監督 公開ティーチイン

ページの先頭へ