イベント

終了:杉山知之学長による特別講義を一般公開 「デジタルコミュニケーション原論 特別編」

インターネットと情報端末を使って、人々がコミュニケーションをとることが当たり前になった現在。「人類史における大変革」と言っても過言ではないほど、私たちを取り巻く環境は、日々大きな変化を遂げています。これからの時代にイノベーションを起こすためには、デジタルコミュニケーションの本質と、常に変化する世界の流れの理解し、未来への構図を描く感覚を養うことがもはや不可欠ではないでしょうか。

この講義は、杉山学長の30年以上に渡る実体験を元に構成された、本大学院の必須科目「デジタルコミュニケーション原論」を、公開講義として再編したものです。アナログメディアの発達からデジタルメディアへの移行を、歴史的に振り返ると共にエポックメイキングな出来事を解説いたします。さらには、本大学院が提唱する“「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」を融合できる力”を体得することによって、どのような世界に向かおうとしているのか、本大学院生や修了生の事例を交えながら、ご紹介いたします。

本大学院への進学にご関心をお持ちの方はもちろん、デジタルコミュニケーションを基盤とした社会の本質への理解を深めたい方は、ぜひご参加ください。

講義内容 19:30- 大学院の概要紹介
20:00- 杉山学長 特別講義
     ・デジタルメディアとコンテンツの歴史
     ・デジタルコミュニケーションの未来とは?
     ・デジタルを用いたビジネスイノベーションとは?
     ・「ビジネス」「クリエイティブ」「ICT」を融合する力とは? など
ph-sugiyama.jpg

プロフィール

講師:杉山知之

デジタルハリウッド大学大学院 学長/工学博士 主任教授

MITメディア・ラボ客員研究員、国際メディア研究財団・主任研究員、日本大学短期大学部専任講師を経て、1994年10月デジタルハリウッド設立。2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。翌年「デジタルハリウッド大学」を開学。99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。著書は「クール・ジャパン世界が買いたがる日本」(祥伝社)、「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)ほか。

【著書】デジタル・ストリーム―未来のリ・デザイニング (NTT出版) /キャラクター・アニメーション・バイブル[=翻訳](アップフロントブックス)/ ポストITは日本が勝つ!―トップランナー7人の提言(アスキー) /デジタル書斎の知的活用術 (岩波書店) /クール・ジャパン 世界が買いたがる日本 (祥伝社)/クリエイター・スピリットとは何か? (筑摩書房)/図解で分かるヒット商品の配色術 (誠文堂新光社)

特別講義詳細

日時 2012年9月25日(火)19:30~21:00(開場:19:00)

終了後、希望者には個別相談会を開催いたします

講師 杉山知之(デジタルハリウッド大学 学長/工学博士 主任教授)
会場 デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
定員 20名
費用 無料

セミナーのお申し込みはこちら


  • 終了:杉山知之学長による特別講義を一般公開 「デジタルコミュニケーション原論 特別編」

ページの先頭へ