イベント

【終了:DHGS×先端色彩研究室】第4回公開講座「人の心を動かす先端色彩」
~先端色彩による色彩心理分析手法~

自分を知るためにも色彩心理分析は役に立ちます。これまでの心理分析では、個人に迫ることには難しい点がありました。しかし脳生理学に基づく色彩生理を応用することで、より詳細な心理を分析することができます。これにより、ストレスや不安を少なくしたり、緊張した気持ちを穏やかにするなどの心理作用も得ることができます。カラーヒーリングやカラーセラピーとは違い、脳の生理をコントロールすることで得られる結果を応用し、気持ちだけではなく体のコントロールにも影響させようというものです。

今回は、本大学院の先端色彩研究室長、かつ「デザインビジネス開発ラボ」を担当している南雲治嘉教授が中心となり、NPO 日本カラーイメージ協会と協力して作り上げた色彩心理分析手法について、これまでの心理分析の流れ、先端色彩による心理分析の仕組み、分析方法など、詳細に渡って解説いたします。また、実際にその場でご自分の心理を分析していただき、手法を修得していただきます。

本講座はカウンセリングや商品企画など、マーケティング戦略立案のビジネスに携わられている方々に適しています。


講義内容

1部 20:10 ~20:30 「色彩心理分析とは」

心と色の関係を脳科学からのデータをもとに解説します。また、その手法の仕組みを説明します。

2部 20:35 ~21:30 「心理分析演習」

実際に分析をしていただきます。その分析法に付いて解説します。

デジタル色彩検定を目指されている方は、是非ご参加ください。2級程度の内容が含まれています。


講師プロフィール

写真:南雲 治嘉 客員教授

プロフィール

南雲 治嘉(なぐも・はるよし)

デジタルハリウッド大学大学院 客員教授/NPO 日本カラーイメージ協会理事長/
デジタルハリウッド大学大学院先端色彩研究室 室長

ベーシックデザイン、デザイン理論、表現技術、色彩などの分野で新しい理論を打ち立て、研究と実践を行う。1990年に株式会社ハルメージを設立し、デザイン活動にも注力。著書はすでに30冊を超え、特に2004年に執筆した「常用デザイン」はデザイン業界に新風を巻き起こした。

著書

「視覚表現」「常用デザイン」「チラシデザイン」「色彩戦略」「カラーイメージチャート」「色彩デザイン」「和風カラーチャート」(以上グラフィック社)「100の悩みに100のデザイン」「色の新しい捉え方」(以上光文社)等多数。


公開講座詳細

第4回「人の心を動かす先端色彩」公開講座詳細
日時 2010年5月18日(火)20:00~21:00(開場19:45)
会場 デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
定員 50名
会費 無料
材料費 1,050円(カラーインデックス代/税込み)

当日受付にてお支払いいただきます。

「デジタル色彩マスター」(評言社)をお持ちの方は、材料費は不要です。

持参用具 糊(スティック型)、ハサミ、筆記用具
主催 デジタルハリウッド大学大学院 先端色彩研究室
後援 日本経済新聞社/NPO 日本カラーイメージ協会
お問い合わせ先 デジタルハリウッド大学大学院 先端色彩研究室

※本イベントは終了いたしました


  • 【終了:DHGS×先端色彩研究室】第4回公開講座「人の心を動かす先端色彩」
    ~先端色彩による色彩心理分析手法~

ページの先頭へ