イベント

不動産テックビジネス研究会セミナー

日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区 学長 杉山知之 以下本大学院)尹煕元研究室「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」内に設置された「不動産テックビジネス研究会」主催のセミナーが12/5(火)に開催されます。

不動産テックビジネス研究会 概要

日時
2017年12月5日(火)20:00~21:30(受付開始:19:30)
会場
デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
定員
100名
費用
2,000円(当日会場払い、領収証は支払い時に発行いたします。)
主催
デジタルハリウッド大学大学院 尹煕元研究室内 不動産テックビジネス研究会
共催
デジタルハリウッド大学大学院

 

イベントのお申し込みはこちら

 

登壇者紹介

プロフィール

尹 煕元

シーエムディーラボ 代表取締役社長

 

慶應義塾大学理工学部を卒業後、ソロモンブラザーズ証券会社へ入社。日本及びアジア株式の裁定取引に従事。1999年に同社を退職し、慶應義塾大学工学研究科博士課程に入学。同時に株式会社シーエムディーリサーチを設立。株式におけるアルゴリズムトレードロジック開発や株式執行理論構築及び執行分析ツールMASTを開発。 2007年に株式会社シーエムディーラボを設立し、代表取締役に就任。アルゴリズム分析・発注システム(iAlgo)を開発。 2017年に株式会社ビットアルゴ取引所東京を設立し、代表取締役に就任。アルゴリズムによる仮想通貨トレーディングを研究中。 日本テクニカルアナリスト協会 評議員、デジタルハリウッド大学大学院 特任教授。

 

プロフィール

赤木 正幸

リマールエステート 代表取締役社長

 

早稲田大学法学部卒業後、同大学院政治学研究科にて修士号、明治大学グローバル・ビジネス研究科にてMBAを取得。 不動産業界においては、森ビルJリートの投資開発部長(CIO)として不動産売買とIR業務を統括、地方Jリート(MIDリート・現MCUBS MidCity)の上場に参画。 再生可能エネルギー業界においては、太陽光パネルメーカーCFO、三菱商事合弁の太陽光発電運用会社CEOを歴任。 2016年にリマールエステート株式会社を設立し、不動産テック業界全般の情報発信や資産運用シミュレーターを開発。 早稲田大学大学院政治学研究科博士課程に在籍し、政策意思決定に関する研究を実施。 コロンビア大学院(CIPA)、ニューヨーク大学院(NYUW)にて客員研究員を歴任。

 

プロフィール

落合 孝文

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 パートナー弁護士

 

慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業後、同大学院在学中に旧司法試験に合格。 森・濱田松本法律事務所東京オフィス、北京オフィス勤務を経て、現事務所に参画。 総務省「AIネットワーク社会推進会議」影響評価分科会委員、産業競争力懇談会(COCN)「人工知能間の交渉・協調・連携による社会の超スマート化」プロジェクトメンバー、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)個人情報保護指針改定に伴うマルチステークホルダープロセス委員、一般社団法人データ流通推進協議会発起人などを務め、IoT、AIに関する環境整備に携わりつつ故意者への業務を行っているが、一般社団法人Fintech協会分科会事務局長、一般社団法人日本ブロックチェーン協会 リーガルアドバイザーなども務めておりFintechに関する環境整備、個別の業務も行っている。不動産については、裁判所の財産管理、管財案件等に携わる中で、実取引を中心に特に売り手としての取引経験を有している。

 

プロフィール

茂木 健一

G ashfara Inc. 代表

 

青山学院大学大学院卒。(株)東洋情報システム退社後、(株)エイチアイ、グランスフィア(株)、(株)ファッションウォーカーなど数社のベンチャー企業の立ち上げ・創業期に参画し、ガシュファラ・インクをUSで起業。 システム開発ではゲーム、M&A企業評価システム、動画配信システム、電子マネーシステム、ECフルフィルメントシステムなど、多彩な分野を経験。 IT関連教育ではBrew、Java、セキュリティーなどの講師として活躍。 現在、(株)HUGGを設立し、スマホのカップル向けSNSサービス[HUGG]をグローバルに展開中。 【著書】BREWプログラミング実践バイブル [共著] (インプレス)、PHP逆引き大全 516の極意[共著](秀和システム)

 

不動産テックビジネス研究会とは

デジタルハリウッド大学大学院 尹煕元研究室「サイバーファイナンスラボ・プロジェクト」内に設置された研究会です。当研究会では、40兆円の市場に35万事業所・118万人の従業者を擁する不動産業を、IT化の余地が大きい業界ととらえ、革新的なITサービスを用いた付加価値向上を実現するサービスの創出を目指します。そのために、不動産、ファイナンス、IT、法制等各関連分野の第一線の専門家の横断的議論を通じて、不動産テックのグローバルな潮流を踏まえつつ、地域性が強い不動産業界における、わが国ならではの不動産テックの事業機会の具体的特定を行います。更に、不動産事業者、デザインエンジニア、ブロックチェーン・ビッグデータ・AI等のITエンジニア、戦略プランナーからなるワーキンググループにて、特定された不動産テックの事業機会におけるビジネスやソリューションを具体化し、不動産テックの事業やプロダクトのプロトタイピングを行い、その成果を具体的なビジネスとして、世に発信することも視野に入れます。具体的な活動として、毎月の研究会、ワーキンググループの開催に加え、研究成果発表会や各種セミナー、スポンサーを募ってのオープンイノベーションや調査・研究の受託などを予定しております。

 

ご予約はこちら


ページの先頭へ