イベント

終了:公開授業「プロデューサーのストーリー演習」

本大学院の山本和夫教授による科目「プロデューサーのストーリー演習(10/30の回)」を、特別に一般公開いたします。 本大学院の研究内容にご興味がある方、ご入学を検討されている方はこの機会にぜひご参加ください。

講義内容

神話の力』 
「スパイダーマン」を各自事前鑑賞して来てください。シナリオを分析し、特に神話のパターンが用いられているところに着目。心理学や神話学も駆使し、この映画のヒットの秘密に迫っていきます。

 

授業概要

映画やテレビドラマを制作するものにとって、もっとも大切なことは、シナリオへの理解と知識を深くもつことといえる。本科目においては、ハリウッド映画のヒット作品を解析し、ストーリーの必須的な構成要素を学習していく形式をとる。まず、ストーリーの構造分析、テーマ設定、プロットライン分析、キャラクター論、ダイアローグ論を、ヒット作品を通じて学び、その後、プロット作成、ストーリーボード作成を経て、シナリオ作成演習を行う。このことによって「シナリオの評価」と「問題点の指摘」が的確に出来るメソッドを学んでいくこととなる。自らシナリオを作ってみることにより、脚本家が陥る苦境を体感することは、監督、プロデューサーにとって、たいへん重要なことである。またシナリオについて問題が起きたときの監督、プロデューサーとしての救済、解決のメソッドについても実践的に解説を行う。

 


yamamoto.jpg

講師プロフィール

山本 和夫(やまもと・かずお)

デジタルハリウッド大学大学院専任教授/(株)ドラマデザイン社 代表取締役プロデューサー/シナリオインキュベーション 代表

読売テレビ放送(株)に約20年間勤務し、TVドラマの演出・プロデューサー、チーフプロデューサーを歴任。2000年に(株)ドラマデザイン社を設立し、読売テレビ「14ヶ月」、TBS「だいすき!!」、読売テレビ「町医者ジャンボ!」等、連続ドラマを手がける。

 

公開授業詳細

公開授業詳細
日時 2013年10月30日(水)19:00~21:00(開場18:45)  ※20:30~大学院説明
会場 デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス
講師 山本 和夫氏(デジタルハリウッド大学大学院専任教授/(株)ドラマデザイン社 代表取締役プロデューサー/シナリオインキュベーション 代表)
定員 5名
在学生/修了生の方はご参加いただけませんのでご了承ください。
費用 無料
主催 デジタルハリウッド大学大学院

 

ご予約はこちら

  • 終了:公開授業「プロデューサーのストーリー演習」

ページの先頭へ