イベント

終了:デジタルハリウッド大学大学院 2011年度成果発表会 ~DHGSコレクション2011~

デジコレ会場.jpg

下記URLにて本日Ustream中継を行います
http://www.ustream.tv/channel/dhgs-tv

きたる3月10日(土)に、「デジタルハリウッド大学大学院 2011年度成果発表会~DHGSコレクション2011~(略称:デジコレ2011)」を開催いたします。

本発表会では修了を目前とした院生による「修了課題」や、研究実践科目の研究成果の中から、成果発表会選考委員会による選考を経て選抜された優秀課題を発表いたします。

本大学院の「修了課題」は修士論文以外の選択肢として「新規ビジネスプラン及びデモコンテンツ」のいずれかの形式を選ぶことも可能である点が特徴的です。

「東京コレクション」をはじめとしたファッションの現場にソーシャルメディアを持ち込んで活動した研究報告や、地域資産を活用したキャラクターアニメーションの創出施策など、実践的な取り組みの数々を院生自らが発表します。


発表内容

人気アプリ「My365」開発者による研究報告
「スマートフォン時代におけるブラウジングの最適化」
石山貴広
キャラクターによる中国初等教育絵本ビジネスプラン
「中国子供向けキャラクター絵本(百科図鑑)」
 陸丹琦(リクタンキ)
カワイイから始まるレコメンドメディアビジネス
「画像付きWEB情報のパーソナライズド・レコメンドメディアの開発とインタレストグラフ活用ビジネスモデル」
下西弘二
スポーツ×ソーシャルによるビジネスモデル
「ソーシャルメディアとコンテンツでプロモーションするストリートスポーツ」
大島ダヴィッド
AR技術によるデジタル教材コンテンツビジネスモデル
「中国におけるAR教育コンテンツ普及可能性の考査と研究」
李孟瑜(リモウユ)
最強球団から考察するスポーツコンテンツ研究
「TV放送初期におけるプロ野球中継と一極集中構造の研究」
水上圭輔
動画共有サイトにおけるヒットモデル研究
「ウェブ動画のヒット手法提案-動画共有サイトにおけるヒットパターン分析より-」
川名徹
キャラクターを用いた地域振興によるビジネスモデル
「世界遺産白川郷ご当地キャラクターアニメーションシリーズの創出」
澤田裕太郎
(キャラクタービジネスラボより)
最新演出技術×落語研究
「落語におけるMixed Reality技術を応用したエンタメ・コンテンツの研究開発」
野口修平
(インタラクティブ・リアルタイム・コンテンツラボより)
facebook photoを活用したB to Bビジネスモデル
「ソーシャルメディアマーケティングソリューション "sympathy tag"」
横田清夏
ファッションの現場におけるライブメディア活用研究報告
「ファッション×ソーシャルメディアの未来」
平田元吉

※昨年開催時の動画アーカイヴは、こちらをご覧ください。


開催概要

日時 2012年3月10 日(土)12:00~17:00(開場11:30)
会場

富士ソフト アキバプラザ5F アキバホール
秋葉原メインキャンパス(ダイビル)ではございません、ご注意ください。

定員 150名
参加費 無料

 


発表会のお申し込みはこちら

デジタルハリウッド在学生のお申し込みはこちら


  • 終了:デジタルハリウッド大学大学院 2011年度成果発表会 ~DHGSコレクション2011~

ページの先頭へ