イベント

終了:【緊急企画】IT事業者が今すぐ、すべき事は?~震災から1ヶ月、今、IT事業者が本当にすべきことを冷静に考える~

デジタルハリウッド大学院大阪キャンパスの塩見政春研究室主催のセミナーです。

セミナー内容

災害地域の方には、謹んでお見舞い申し上げます。

今、西日本を中心とした非被災地域は、日本経済を活性化する為にドンドンと活動する時期かと考えております。が、震災の被害が、地震のみならず、津波、そして、原子力発電所からの放射能漏れ問題。そして、関東地方では、4月末を目処に計画停電が続く予定となっております。と、課題が多岐に渡り多くの国民が、自分はどうしたら良いのか?という自問自答を続けていたと思われます。しかし、阪神淡路大震災の時とは違い、これだけソーシャルメディアが発達した今日。我々IT事業者は、今、冷静に考えて、連携を取りながら行動をすべき時かと考えております。そこで、今回、東京からKNNの神田氏をお呼びして、「震災後の今、IT関係者が、本当にすべき事」を考え、様々な方策を共有し、新しいムーブメントを起こしていきたいと思います。

セミナー詳細

Session1 19:00~19:45 今回の震災を考える!(1) 神田敏晶/KandaNewsNettwork,Inc. 代表取締役ビデオジャーナリスト
今回の震災から、学ぶポイントは何だっただろうか。また、今後、ボク達は、どんな事を考えるべきなのか、そのポイントを考えてみたい。

○ソーシャルメディアが果たした役割
○阪神淡路大震災と今回の震災は、何が違ったのだろうか?
○本来、不謹慎な行動とは何だろうか? などなど。

Session2 19:45~20:15 今回の震災を考える!(2) 覚田義明/株式会社ペンシル代表取締役
災害地からは、一番遠い大都市となった福岡。この福岡では、震災後の1ヶ月で、何か変化があったのだろうか。また、福岡では、東京では、何が起こっているのだろうか。全国を飛び回って活躍するペンシル代表の覚田氏に登場して頂き、日本のIT業界の今後を示唆してもらう。

Session3 20:15~20:45 今回の震災を考える!(3) 岡本勝幸/ビジネスベースひろしま総合プロデューサー
西日本のもうひとつの大都市である広島では、どういう動きとなっているのだろうか。その特徴と、今後の西日本及び、関東地方との連携方法などを探る。

Session4 20:45~21:30 今、IT関係者がすべき事は、何?
パネルディスカッション形式で、「震災後の今、IT関係者が、本当にすべき事」を考え、共有していきたいと思います。

終了後、有志で懇親会開催を予定しております。

講師プロフィール

プロフィール

ph-kanda_t.jpg

神田敏晶(かんだとしあき)

KandaNewsNetwork,Inc. 代表取締役ビデオジャーナリスト

神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。その後、マルチメディアコンテンツの企画制作・販売を経て、1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。ビデオカメラ一台で、世界のIT企業や展示会取材に東奔西走中。SNSをテーマにしたBAR YouTubeをテーマにした飲食事業を手がけ、2007年参議院議員選挙東京選挙区無所属で出馬を経験。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。

【著書】
できる100ワザUSTREAM(インプレスジャパン)/Twitter革命(ソフトバンククリエイティブ)/YouTube革命(韓国版)(WIZ9)/ウェブ3.0型社会(大和書房)/YouTube革命(ソフトバンククリエイティブ)/Web2.0でビジネスが変わる(ソフトバンククリエイティブ) 他

KandaNewsNetwork
http://knn.typepad.com/

プロフィール

kakudamain.jpg

覚田義明(かくだよしあき)

株式会社ペンシル 代表取締役

ペンシルは研究開発型のWebコンサルティング専門会社。これまでにライオン・全日空・カゴメ・リンナイ・東急ハンズなど、様々な大手企 業のからの依頼により成功に導いてきました。サイト戦略であるコンセプトワークから企画、マーケティング、サイト制作、SEO、分析、CRMなどトータールにソリューションを提供しています。ホンモノのリアルなコンサルの仕事をしたいと思い日々研究しインターネットの可能性に向けて挑戦を続けています。今年18期目を迎え年商10億円を達成しました。

株式会社ペンシル
http://www.pencil.co.jp/

 

プロフィール

250okamoto.jpg

岡本勝幸(おかもとかつゆき)

ビジネスベースひろしま総合プロデューサー/有限会社イットワークス取締役

広島修道大学人文学部卒業後、医療機器メーカーを経てソフトウェア開発や インターネット関連システム構築などに従事し、2000年「岡本ITコンサルティング」として独立開業、主にインターネットの業務活用やWebとデータベースを連携させたシステム構築などのコンサルティングを広島地域を中心として展開、一方で行政が公募する補助金事業や助成金事業で三年間で30件を超える採択実績に携わる。2003年「有限会社イットワークス」を設立し法人化。
起業創業支援のプロジェクトへも積極的に参画し、2003年経済産業省後援「起ちあがれニッポン ドリームゲート」プロジェクト中四国エリアリーダー、2007年経済産業省後援「起業支援ネットワークNICe」事務局長を歴任、2009年より広島県と広島市が共同で企画した産業支援サービス業拠点施設「ビジネスベースひろしま」の総合プロデューサに就任。地元地域のものづくり産業の高度化にソフトウェア技術で貢献出来るスキームを進行中。全国各地や東アジアでの展開も目指して活動を拡げている。

ビジネスベースひろしま
http://www.b-base.jp/

 
日時

2011年4月14日(木)19:00~21:30(開場18:45)

講師

神田敏晶(KandaNewsNettwork,Inc. 代表取締役ビデオジャーナリスト) 
覚田義明(株式会社ペンシル代表取締役)
岡本勝幸(ビジネスベースひろしま総合プロデューサー/有限会社イットワークス取締役)

会場 デジタルハリウッド大学院 大阪キャンパス
定員 100名
費用 3,000円
主催 デジタルハリウッド大学院大阪キャンパス 塩見政春研究室

こちらのセミナーは終了いたしました


  • 終了:【緊急企画】IT事業者が今すぐ、すべき事は?~震災から1ヶ月、今、IT事業者が本当にすべきことを冷静に考える~

ページの先頭へ