DCM修士とは

デジタルヘルスラボ・プロジェクト

イメージ画像

  • デジタルヘルスラボ・プロジェクトとは?
  • アワードについて
  • イベント
  • メンター・アドバイザー パートナーシップ

アワードについて

デジタルヘルスラボ・プロジェクト参加者を対象として、「デジタルヘルスラボ・アワード」を開催いたします。参加者はチームに分かれ、メンターの支援を受けながら「デジタルヘルス」分野の課題を解決するプロトタイプを開発します。

デジタルヘルス分野で起業を目指し、これまで医療系アイデアソンや各種ハッカソンでプロトタイプを創造してきた方には、次のステップとして事業への「実装」を、業界最高のメンター・アドバイザーが全方位から行う貴重な機会となっています。ぜひ、この機会をご活用ください。

■受賞者へのサポート
1)受賞者はデジタルハリウッド大学大学院の授業料優遇措置が受けられます。(※入学試験合格者に限る)
2)アドバイザー、パートナー企業からのメンタリング支援
3)新卒者には企業マッチング支援
■各イベントスケジュール

3月3日(木)
- キックオフイベント開催 / チームビルディング

3月中旬~5月上旬
- 開発期間

4月中旬 ※予定
- 「デジタルヘルスラボ・アワード 中間質問会」

5月10日(火) ※予定
- 応募受付(作品データ提出)締切日

5月19日(木) ※予定
- 表彰式 / 審査会 / DEMO DAY / 打上げ

■アワード募集要項
求めるプロトタイプの例としては下記を想定しています。
・健康維持のためのアプリの活用
・センサーを活用した健康管理IoTプロダクト
・在宅医療介護の支援、データを活用した個人の予防医療
・医療現場の効率化による医療従事者の負担軽減を図るサービス
■応募方法
留意事項をご確認のうえ、下記の応募ボタンよりエントリーください。
■審査方法
表彰式でのプレゼンテーションおよび提出書類により決定します。
■参加資格
留意事項に同意いただいた方のみ、本アワードに応募することができます。
プロ / アマ、個人 / 法人の別を問いません。グループでの参加も可能です。
すでにプロトタイプの開発に着手している、アプリモックが完成しているフェーズの方の参加を推奨します。

アワードエントリー



ページの先頭へ